最新式大腸の内視鏡情報を調べてみました。

大腸内視鏡検査は大腸がんや大腸ポリープといった病変の発見に必要不可欠な検査です。しかし、肛門からカメラを挿入する事に対し抵抗がある、大腸内視鏡検査は痛いと聞いている、食事を制限しなければならない、鎮静剤の投与が必要な場合があるなどいくつか患者側にデメリットがあるせいかなかなか検査を受ける所まで踏み出せないでいる方が多くいらっしゃるようです。


私もその一人で、排便の際の不調を感じつつも通院して検査する事に抵抗を示していました。しかし検査を避け、体調の不良を放っておいていいものではありません。そこで調べた所、これら不安や抵抗の問題をある程度解決してくれる最新式大腸の内視鏡情報を得る事ができました。仮想大腸内視鏡検査というものです。大腸CTと略されもします。まず従来の大腸内視鏡検査との最大の違いはカメラの挿入を行わないという事です。コンピュータ断層撮影、いわゆるCTにより患者の大腸を撮影しその映像をコンピューターで処理で三次元にするという検査方法です。検査に使用されるCTは、全ての医院という訳ではないかもしれませんが、ヘリカルCTという装置を用います。


肺がんの検査にも使われるCTなのですが、撮影の際に画像がずれやすかったりコンピューターがデータを処理しきれない事があるという従来のCTの問題点を解決した装置です。それらで撮影され三次元に処理された映像はまるで内視鏡を挿入して撮影したかのような映像が写し出されるとの事です。ぐいぐいとカメラを挿入される事に抵抗を感じるという大腸内視鏡検査の受診率を下げている最大の理由を取り除いたまさに画期的な検査方法と言えるでしょう。検査時間も非常に短く、5~10分ほどで終わるとの事です。ただし肛門からのアプローチが全くないという訳ではなく、腸に空気を送るため肛門にチューブを挿入する必要はあるそうです。また前日の食事は三食とも検査用の食事にしなければなりません。就寝前に下剤を飲んで腸の中をきれいにする必要もあります。それでもカメラを挿入して時間をかけて検査される事に比べれば我慢できる範囲と言えると思います。他に欠点といえば、大腸内視鏡検査ではカメラ挿入時にポリープが発見された場合患者の同意が得られればその場で切除できますが大腸CTは調べるだけなのでできません。また小さな早期の癌などみつけにくい病変もあるとされます。ただ大腸内視鏡検査の場合でも死角で病変を見落とす可能性があるそうなのでどちらが精度が高く確実かというのは判断の難しい所です。